30代無職のロズ雑記ブログ

30代無職で中卒ニートの職歴なし絶望的人生。社会不適合者で真面目系のクズです。詰んでる人生をエンターニートで逆転するブログにして史跡。主な活動はグルメリポートが中心で日本全国、津々浦々の美味しいお店やイマイチのお店まで読者の為になる情報を社会的弱者という視点で提供した雑記。賞賛コメント歓迎です。アンチコメントは受け付けてません。

大阪と京都に初旅行したらグルメ旅になって楽しい一人旅になった!

2020/03/18

はなだこ

関西の中心地、大阪と京都に夜行バスを使って旅行にきました。世間ではゴールデンウィークらしく毎日がゴールデンウィークである自分にとっては人混みが多いな〜っと疲れた旅でした。

さすがグルメの街、大阪だけあってたこ焼きの種類が豊富で関東人に馴染みある銀だことか全く違った個性あふれるたこ焼きがある。小麦粉とタコだけあれば生きていける人種なのだと思いました。

古都の京都にも二条城が見たくていきましたが道中で京都の街並みが基盤の目になっており、恐ろしく平坦な道が続いていることに外人が魅せらている理由があるとわかりました。だから京都人の足が細いのだと思いました。

大阪・京都旅行1日目午前(2018.5.4)

夜行バスで大阪の梅田に着いたら大阪観光必須アイテム「大阪周遊パス」を入手します。

大阪周遊パスというのは、多くの電車や観光地が無料になるチート級のアイテムで日本に訪日した外人さんが必ず手にする大阪の新約聖書とも言えるマストアイテムだ。

1日券だと2,700円だが2日券だと3,600円と格安にバージョンアップする。ただでさえコスパが高い1日券が2日券でゴールドプラチナカードに変わるのである(カードの色がゴールドとかになるわけではありません)

なにわの湯

なにわの湯

夜行バスという窮屈で密封された空間でエコノミー症候群になりかかっている体を癒す為、朝風呂にきました。

こちら天神橋筋六丁目駅を降りてしばらく直線の道を歩くとある「天然温泉なにわの湯」は、そこそこ広い風呂、多種多様の風呂があって大阪のテルマエと言われる最高の癒しをもたらす銭湯だ。

大阪周遊パスだと無料で使えるので必ず朝風呂に行っておくべきだ。

なぜなら地元民でも大人気の綺麗な風呂場で昼時になると混むからだ。

会津屋 梅田店

会津屋店舗前

梅田駅に戻っていよいよグルメの食べ尽くし旅行の始まりだ。

たこ焼き発祥のお店「会津屋」で本場で元祖のたこ焼きを食べに来た。

食育の為に必ず行くべきお店だ。

元祖たこ焼き 630円

元祖たこ焼き

サイズは小さく、銀だこと比べたらふた回りも小さい。

また紅生姜が入ってなく、ソースも青のりもない。純粋なたこ焼きだ。

手でつまんで食べれるのが会津屋の良いところで15個も入って価格も安い。

食べてみると小麦とダシ、タコの味が薄味ながら伝わる大阪らしくない京都っぽい素材を楽しむたこ焼きだ。

大阪といえばソースというイメージが強い筆者にとって意外な一面を見つけました。

はなだこ

はなだこパッケージ

大阪新梅田食堂街にある極狭の超人気たこ焼き店「はなだこ」

こちらのお店は先ほどの会津屋と真逆のたこ焼きで大阪といえばこうゆうたこ焼きだと関東人がイメージするザ・たこ焼きだ。

ネギマヨ6個580円

はなだこネギマヨ8個

たこ焼きの上にこれでもかと盛られたネギ。

はなだこ名物のネギマヨでめちゃくちゃ美味しいです。大阪たこ焼きの双璧の1つである極上のコクと旨味を味わえるボリュームたっぷりなたこ焼きです。

店先のカウンターで食べることができますが肩肘張るすごく狭い横幅で水もなく食べるのは、修行に近いのです。

お持ち帰りして食べるのがオススメですが観光に来た主は近くの百貨店の花壇に座って食べました。めちゃくちゃ恥ずかしいです。

古譚ラーメン

【大阪・梅田】古譚(こたん)ラーメン 昔ながらの大阪庶民の味!

しばらく梅田駅を観光した後に大阪人懐かしの庶民の味!古譚ラーメンにきました。大阪人なら誰もが知る小さい頃に食べるラーメンらしい。

これも大阪人のイメージを覆す薄味で食べやすいラーメンだ。それの想像するソース野郎はどこにいった。

大阪城

大阪城

大阪といえば豊臣秀吉が作った絢爛豪華(けんらんごうか)な大阪城に行かずして大阪に来たとはいえない。

もちろん大阪周遊パスを使うと無料です笑

大阪城の景色

これがあの太閤、秀吉がみた景色です。

高いビルや金網が邪魔して思ったような壮大な景色ではありませんでした。マンションの屋上に来た気分です笑

ここで大阪冬の陣、夏の陣が繰り広げられたと思うと歴史的に重要な日本三大名城なのだろう。知らんけど。

大阪・京都旅行1日目午後(2018.5.4)

明日の二条城に備えて京都に移動します。

らぁ麵とうひち

【京都・北大路】らぁ麵とうひち 京都美人な鶏醤油ラーメンに日本人が泣いた!!

 

京都で大人気のラーメン屋「とうひち」です。

バスを乗り継いで何とか来ましたが遠いです。

ランチギリギリに来店しましたが行列があって京都民に人気のラーメン屋みたいです。

食べた感想は無化調で淡いラーメン。舞妓さんみたいなラーメンでした。(どんなラーメンだよ💢)

ぎをん常盤(ときわ)

【京都・祇園四条】ぎをん常盤(ときわ) 常盤きしめんのダシが最強!真の関西うどんどすえ〜

夕食は祇園四条で京都のうどんを食べました。

ダシがものすごく効いていてスープがめちゃくちゃ美味しいうどん屋です。多分、感動します。

これを読んでいる読者には申し訳ないのですが1世紀も続いた大正時代からの名店常盤が閉店していました。この感動をあなたと分かち合えなくて残念です。

大阪・京都旅行2日目午前(2018.5.5)

春夏秋雪 京の宿 ギオン福住」というホテルと旅館が合体したハイブリット宿に泊まりました。料理が美味しい京野菜が食べれます。しかし、量が少ないです。そして狭くて浴場も小さかったです。

昨日からずっと動きっぱなしでしたので今日は遅めに10:00ぐらいにチェックアウトして出発だ。

二条城

二条城入り口

京都の目的である二条城にきました。

門が煌(きら)びやかで期待が胸を膨らませます。

二条城内

何の門か忘れましたが検問所みたいな

二条城内の建物

本丸御殿です。中には入れませんでしたが本当に大きな建物です。

写真で見るとお寺のような小ささに見えますね。

昔はここが日本の中心だったのかと思うとそこらへんの大きなお寺と変わらねーなと思いました。

二条城の出口

これ唐門(からもん)と言われる縁起のいい動物や植物が掘られた門らしく運気が上がりそうな門らしいです。知らんけど。

茶乃逢(さのあ) 二条城店

黄金ソフト 1,980円

黄金ソフト(1,980円)

二条城を出る前にカフェに入りました。

そこでゴールデンソフトという金箔が食べれる名物ソフトクリームがあったので注文。

食べた感想として金箔は、鉄分というか鉄の味で美味しくないです。縁起ものですかね。ソフトクリームを食べてるのとあまり変わりありません。ピンク色の餅みたいなものがアイスと合ってうまかったですね。

二条(にじょう)1,580円

二条(にじょう)1,580円

次は二条。八つ橋、湯葉、餅など様々なスイーツを一度に食べれる豪華なスイーツ。

食べてみると抹茶のアイスクリームと相性の良いもちもちとした八つ橋や餅が旨くてたまりません。東京にあったら何度も食べたい甘すぎない大人のスイーツだ。

大阪・京都旅行2日目午後(2018.5.5)

京都から電車を乗り継いで若者の街、難波(なんば)に到着。

たこやきくん

たこやきくん店舗前

「たこやきくん」というコスパ最強のたこ焼きやがある。6個280円という驚異的な価格がウリ。

トッピングのソース、青のり、鰹節はセルフなので好きなだけかけることが可能。

たこやきくんのたこ焼き

デコボコとしたたこ焼きなのだが食べてみると小さなタコが入ったそこそこおいしいたこ焼きで食べやすい。

破格の安さでこのクオリティは、古今東西どこにもない美味しいたこ焼きだ。

アイスキャンディー

アイスキャンディーの冷凍庫

次は蓬莱のアイスキャンデー。夏には大人気の氷菓系アイスバーで果汁たっぷり高純度な素材を生かした美味しいアイスだ。

アイスキャンディーのメニュー

フルーツ、チョコ、パイン、抹茶、あずき、ミルクと6種類のアイスキャンデーを選べて1本120円という安さ。

イメージとしてはガリガリ君の高級アイス。スーパーカップとハーゲンダッツの関係に近い。

パインキャンディー

シロクマがマークの安っぽいパッケージデザインだがこれが昔からあるアイスとわかりやすく伝わる。

パイン味のアイスにしました。

パインキャンディーを食べる

影が入って暗そうなパインアイスに見えますが実際は明るい黄色の美味しそうなアイスです。

パク。ん〜夏には最高なジューシーなパインアイスでパイナップルを食べてるような非常に美味しいアイスです。

甲賀流

甲賀流店舗前

若者の町、アメリカ村に本店を構える甲賀流本店。

ここが「はなだこ」と双璧の一角をなす有名店だ。

メニュー

メニューから新定番のねぎソースを注文。

ねぎソース10個入り 550円

甲賀流ネギマヨ

小ぶりなたこ焼きが10個入ったネギたっぷりたこ焼きです。

食べてみるとめちゃくちゃ中がトロトロで熱々なので火傷しました。全体的に柔らかいたこ焼きでマヨネーズのソースの濃厚な味にネギのシャキシャキとした食感が最高にうまいです。

何度も足を運びたいたこ焼きです。銀だこよりこっちのほうが素朴で庶民的な味で格段にうまいです。

元禄寿司

元禄寿司店舗前

元祖回転寿司にして回転寿司の生みの親「元禄寿司」

大阪にしかない回転寿司なだけあって絶対に行っとくべき回転寿司だ。

行ってきた感想として小さな回転寿司で板前のおっちゃんが目の前で握りながら提供される本格的な寿司と回転寿司が融合した感じだ。

確かに美味しいけど自分としてはスシローで十分だとも思っている。値段は少し高いだけあって確かに板さんが握る握りはうまいけど。そこまでのクオリティを求めてない。

ただ大阪観光なら絶対に外せない回転寿司屋だ。ちなみに自動給茶装置というお茶を入れるアレも開発している。

551蓬莱(ほうらい)

551蓬莱(ほうらい)

大阪人で知らない人はいない絶大な人気を誇る豚まんがある。「551蓬莱(ほうらい)」だ。

ここの豚まんは、異臭騒ぎになるほどのオナラの臭いがする大変迷惑な食べ物としても有名。

電車内で食べたら苦情が来るほどだ。強烈なのである。

豚まん 2個 340円

肉まん

最低個数は2個売りで340円とリーズナブルで1個あたり170円だ。

異臭が強烈だが食べてる本人には全く感じない不思議な食べ物でそのジューシーで独特な肉の甘みが最高にうまい。

大阪を訪れた際は、絶対にでき立てを食べてじゃないと帰れない最高の豚まんだ。お持ち帰りもできるが味が全然違う。やっぱりその場のでき立てが最高に旨い!

天然露天温泉スパスミノエ

天然露天温泉スパスミノエ

住之江公園駅から徒歩5分くらいにあるボートレース住之江の隣にある銭湯。

旅の終わりに必ず訪れるべき心と体の疲れを癒す露天風呂だ。

冒頭の「なにわの湯」ほどの大きな風呂場ではないがそこそこの大きさを誇っており、非常に多くの観光客が利用する人気銭湯だ。

もちろん大阪周遊パスで無料の銭湯だ。

夜行バスで帰宅

夜行バス

最後はもちろん貧乏旅行である為、夜行バスで帰ります。

楽しい美味しい大阪旅行でした。

ロズ
大阪旅行で必ず抑えるべきコースだ。お腹いっぱいになること間違いないから食い倒れないように気をつけて

-