30代無職のロズ雑記

30代無職で中卒ニートの職歴なし絶望的人生。社会不適合者で真面目系のクズです。詰んでる人生をエンターニートで逆転するブログにして史跡。主な活動はグルメリポートが中心で日本全国、津々浦々の美味しいお店やイマイチのお店まで読者の為になる情報を社会的弱者という視点で提供していきます。賞賛コメント歓迎です。アンチコメントは受け付けてません。

ランチ

【つじ田】渋谷 濃厚つけ麺が美味くて止まらん!

2020/01/06

つじ田 渋谷 店舗前

渋谷に2019年11月6日(水)にオープンした濃厚豚骨魚介つけ麺「つじ田」。

ドミナント的に店舗を都心の各地に展開し、着々と力を付けつつあるつけ麺屋である。運営者は、経営とマーケテイングのプロ、おいしいプロモーションだ。

なぜラーメン屋を会社が運営しているかって?

通常のラーメン屋は、師匠に弟子入りして暖簾分けの独立をして系列店が増えて同系列のラーメンが各地へ広がる。

しかし、つじ田は違う。

そこにはマーケティングやチェーン展開する運営のプロが一緒になって経営されている職人気質のラーメン屋と一線を画す新運営形態のお店だ。

もちろん今もファウンダーとして創業者の辻田氏も関与して現在もつじ田ブランドは、運営されている。味の劣化は無いのと等しい。

こんな方にオススメ

  • 渋谷で勤務されている働いているラーメン好きな方
  • つけ麺が大好きな方
  • 新形態の飲食店がどのようにマーケティングされて運営されてるか勉強したい方
  • 今までにない新しいつけ麺を食べてみたい方
  • 濃厚豚骨魚介つけ麺を食べたい方

お店情報

  • 店名:つじ田 渋谷
  • ジャンル:つけ麺
  • 場所:東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス 1F
  • アクセス: 渋谷駅徒歩5分
  • 営業時間:11:00~23:00
  • 定休日:年中無休
  • ホームページ:https://tsukemen-tsujita.com/top-tjt/
  • 利用日:2019年12月1日(日)
  • 頼んだメニュー:濃厚つけ麺
  • 利用料金:900円(税込)

食事レポート

先月オープンされたお店だがネームバリューがあるので休日のランチどきでも満席は当たり前だ。しかし綺麗な店構えで人気ラーメン屋特有の泥臭さが一切感じない。

そもそもラーメンとはこんなにも高級感のある食べ物なのか?へんな勘ぐりはここまでにして並ぶことに

メニュー

並んでたら食券を買うのように促され券売機から左上の一押しメニューを選択。

つじ田 メニュー

食券購入後、また外に並ばされて待つ。

食券

しばらくして店内入り口付近のカウンターに案内され座る。ここからはいつも通りの段取りなので説明不要だろう。

しかし、ここで僕は隣のつけ麺を見て判断に誤ったことに気づいた。「熱盛り」だ!こんな寒い冬の中(今年は暖冬なんだけど)普通のつけ麺を食べる訳なかろう。

急いで熱盛りに変更依頼を店員に促す。少し、店員もめんどくさそうにしてたが対応してくれた。

つじ田 つけ麺流儀

待ち時間は、つじ田のつけ麺流儀をみて暇をつぶす。

つじ田 つけ麺流儀

流儀とカッコつけているが要は、つじ田つけ麺の食べ方How Toが書かれたものだ。

濃厚つけ麺

濃厚つけ麺がきた。特段、変わった演出もなく普通でスダチがあることぐらいだろうか。(そもそも演出って何を期待しているのだ俺は・・・)

濃厚つけ麺

麺のツヤよし、盛り付けのバランスよし、スープよし

麺をアップにして熱盛りが見えやすいように湯気をとろうとするが

麺

失敗しました。私の写真技術では湯気を捉えることができませんでした。けど麺がツヤツヤにテカってるよね。

麺一口

まず、一口目!ズルズルっ!太い、強い、ブチン!

つけ麺特有の良い太さ、そして強いコシ、良い歯ごたえ。

魚介粉末と濃厚豚骨がよく麺にからむ。

二口目 メンマ

メンマと共にズルズル〜

メンマは、固めでポリポリと良い歯ごたえを刻むぜ

次はチャーシュー!

チャーシュー

色、テリが良好なチャーシューをパクっ!ズルズル〜

四角い小さなチャーシューが一口サイズで食べやすく、バラ肉の為、口の中で噛むとホロホロと肉が崩れる。

そこにジューシーな豚肉本来の旨味と濃厚豚骨、極太麺が口の中でオーケストラを奏でる。うまい!

4口目

定番のノリをズルズル〜

ノリの香ばしい磯の香り、、、語れることはもうない。うまい

すだち

麺を三分の二になったところで味変のすだちをかける。

スダチ

すだちからタネが出てきたが気にするな。絞れるだけ絞る(お好みで調整ください)

すだちの後の一口

すだちの後の一口、ズルズル〜うん!

味変して濃厚からさっぱり爽やかな味わいになった。

余計に麺が口の中にスルスルと吸い込まれる。俺の口の中がブラックホールになったかのようだ。

すだち後の二口目

トロトロチャーシューと一緒にズルズル〜

ほう、食べやすい。鼻からさっぱりとしたすだちの香りがつけ麺を1段階上の領域に押し上げたのがわかる(なんの領域だよ)

止まらね〜笑

麺三分の一

残り三分の一になってしまった。すだちの力、恐ろしい。

黒七味

ブラックスパイスの黒七味さんの登場

How To には黒七味パイセンを使えと書かれいた。

黒七味

ちょっと容器がかっちょいいな笑

黒七味をかける

サッサッサ!こんなもんか。

七味のくせに黒すぎないか

黒七味後の一口

うなぎの山椒みたいな見た目ですが・・・ズルズル〜

お〜スパイスが効いたパンチのある味に変化した。

この程よい辛さがさらに飽きさせることなく食欲が増す。

麺完食

麺を完食!

スープ割り

つけ麺なら必ず注文するスープ割りを店員にお願いする。

スープ割り

つけ汁の色がだいぶまろやかになって返ってきた。

スープらしい色合いだ。

つじ田 スープ割り2

ズルズル〜うん、めちゃくちゃダシが効いてウマい!

濃厚かと思っていたらかなり落ち着く味で冬の冷めきった心を温めてくれる。

完食

完食

ごちそうさまでした。

総評

雰囲気 :★★★☆
店員の質:★★☆
おいしさ:★★★★
コスパ :★★★☆
全体  :★★★☆

三河屋製麺と共同開発した特注麺。国内厳選の豚骨、比内地鶏の鶏がら魚介、日高の根昆布、野菜、他合計十数種類の食材を元に作られたスープ。どれも改良に改良を重ね、常に進化を止めないつけ麺に感動。

さらに客に飽きさせないすだちと厳選された京都 はらりょうかくの黒七味が完結したエンターテイメントを作り上げている。

スタッフの対応は、アルバイト?なので丁寧さにかける部分があるので減点だ。具体的には行列に並ばれている客にダルそうに案内するのは、ん〜っといった感じだ。

総合的には店内の店づくり、つけ麺のクオリティ、共に最高レベルだ。コスパも良好でリピーターがつくのもよくわかる。いや〜素晴らしいの一言だ。

ロズ
濃厚豚骨魚介つけ麺のパイオニア!恐るべし…

-ランチ
-