30代無職のロズ雑記ブログ

30代無職で中卒ニートの職歴なし絶望的人生。社会不適合者で真面目系のクズです。詰んでる人生をエンターニートで逆転するブログにして史跡。主な活動はグルメリポートが中心で日本全国、津々浦々の美味しいお店やイマイチのお店まで読者の為になる情報を社会的弱者という視点で提供した雑記。賞賛コメント歓迎です。アンチコメントは受け付けてません。

ランチ

【炭福 あこや】恵比寿 ランチ限定の濃厚牛もつ煮込みが旨くて話題沸騰!

店舗前

恵比寿駅西口から3分ぐらいにある炭火焼きを得意とするお店「炭福(スミフク)あこや」。

2019年10月下旬にランチ営業が始まった知る人ぞ知る隠れ家の飲食店だ。もちろんディナーは、2018年7月からオープンしているのだから新店ではないが比較的に新しいお店だ。

ランチ限定で出没する濃厚で非常に美味しい牛もつ煮込みが巷では、話題となりリピーターがあとをたたない。もちろん、話題といってもまだ有名になっていない為、行列ができていない。このまま私だけのお店になってくれると非常に助かる。

こんな方にオススメ

  • 恵比寿近辺にお住いの方
  • 恵比寿近辺で勤務されている方
  • 恵比寿でランチに迷っている方
  • 隠れ家のような同僚に合わないランチを探している方
  • 牛もつ煮込みが好きな方

お店情報

  • 店名:炭福(すみふく)あこや
  • ジャンル:居酒屋、炭火焼き、牛料理
  • 場所:東京都渋谷区恵比寿西1-9-4 小熊ビル1F
  • アクセス: 恵比寿駅西口より徒歩3分
  • 営業時間:
    ▼ランチ
    [火~金]
    11:30〜15:00(LO14:30)

    ▼ディナー
    [火〜金]17:00〜25:00(24:00L.O.)
    [日]17:00〜24:00(23:00L.O.)
  • 定休日:月曜日
  • ホームページ:https://www.instagram.com/kinjo_ebisu/
  • 利用日:2019年10月31日(木)
  • 頼んだメニュー:特製牛煮込み定食
  • 利用料金:900円(税込)

お食事レポート

ランチ営業を始めたばかりで牛煮込みが昼間から食べれることを知る人がほとんどいない為、客は一人だった。

メニュー

メニュー

ランチメニューは、看板に書かれたこれ一品のみ。そう特製牛煮込み定食だ!しかし、ここの牛煮込みは通常の牛もつ煮込みと違う。そう予感させてくれる写真とわかりやすい看板だ!

だってランチに牛煮込みのみで勝負する店ありますか?相当自信がないと難しいです。

カウンター席のみしかありませんがそこに通されると注文する必要はありません。そのまま待てば料理がくるのです。スマートですね。

特製牛煮込み定食

漬物小皿

漬物

着席するなりまず出されるのがお通し的な漬物。

左の小鉢が僕の嫌いなセロリの漬物。右が人参、ナス、キュウリの浅漬け。

セロリの漬物

セロリの漬物

セロリの漬物からパクっ!ボリボリ・・・セロリの臭みがあまりない。

セロリ嫌いな自分でも食べれるほどに美味しくいただける。もちろんセロリ独特の匂いが完全に消えたわけではないがそれでもパクパク口の中に放り込めるほどに食べやすいのである。

セロリが新鮮だからか?漬け方がうまいからか?ん〜わからない。

浅漬け

キュウリの浅漬け

次はキュウリの浅漬けをポリポリ。

うん、臭みが無くて絶妙にみずみずしく漬かってる。漬けてる時点でみずみずしいはずがないのだけれど食べるとみずみずしいのである。不思議な感覚だ。

牛煮込み

牛煮込み

待っていたら牛煮込みが来ました。うひょ〜うまそうだ。お冷も特製のお茶で細かいこだわりを感じます。

ハチノス

ハチノス

グロテスクにして珍味のハチノスが入ってました!。これ本当にウマいですよね。まさかランチからこんな珍味を食べる日が来るとは!

パク!モニュモニュとした弾力のある食感にして臭みが無いのが特徴のハチノス。それでいてしっかり味がついているから本当にウマい!

豆腐と大根の味噌煮

900円のランチにさらに小鉢が追加されます。豆腐と大根の味噌煮込み。

大根と豆腐

小鉢何皿くるねんってくらい多くありますね。ありがたいです。

こんにゃく

こんにゃく

煮込まれたこんにゃくをパク!うん、味がしっかりついてますね。普通に群馬の田楽に近いしっかりとした味付けだ。牛煮込みなので田楽の味噌でなくコクと牛の出汁の効いた美味しいこんにゃくだ。

卵の黄身

ここにきてさらに小鉢の追加や〜(ランチの定食に何品追加するねん笑)

黄身

この小鉢の器に黄身のみ。美しい〜ここにも店主のこだわりが詰まっているのがわかる。お皿の上で満月があるような感覚だ。

ここで店主より丁寧な説明が入る。

店主「一通り食べ終えたら最後のシメにご飯の上に黄身をのせて、さらに余った牛煮込みをのせてお召し上がりください」

俺(御意!)

牛煮込み定食

いろいろとつまみ食いしましたが全体像は、こんな感じです。

牛煮込み定食

見事なまでに美しい煮込み定食です。職人の一切の妥協がない統率のとれたランチです。品数の多いこんなランチ食べたことないです。

すべてにバランスと調和、色合い、組み合わせ。すばらしい

レオナルドダヴィンチもこうゆうセリフを残しています。

「シンプルさは究極の洗練である。」

つまり、一品の煮込み料理のみを提供することですべてをそこに注ぐ心意気。そのシンプルさ、精練さ、素晴らしい。

豆腐

豆腐の味噌煮込み。パクっ!

味噌だれの濃さがちょうと豆腐によい味わいを与えている。

大根

しみしみに浸みた大根だ。

パクっ!しっかりと染み込んだ味噌だれが大根に深みとコクのある味わいを引き出している。

大根の漬物

似たような味が続くのでここで小休憩の大根の浅漬け。

ポリポリ、大根のみずみずしさ、いいね、おいしいね。

ご飯

ご飯

粒の立ったご飯を見てください。綺麗ですね。一粒一粒が活きています。

釜で炊き上げたご飯は、通常のご飯に比べて甘みが強く、味噌煮込みに負けない強いご飯だと感じました。

〆(シメ)

シメ

卵の黄身と牛煮込みをのせてシメの牛煮込み丼を作りました。

牛煮込み丼

黄身を崩して実食!

パクっ!うん!こりゃ、ウマいよね。語る必要もないですね。牛と卵の黄身の相性が抜群でご飯が止まりません。

完食

完食

うまかった。ごちそうさまです。

総評

雰囲気 :★★★☆
店員の質:★★★★
おいしさ:★★★★
コスパ :★★★☆
全体  :★★★★

雰囲気、清潔感があってお客様が席に座るまでのシンプルな動線、食べることに集中できる空間。狭いながらに空間を活用できている。ただ、くつろげる空間ではないことに注意が必要だ。

店員といっても店主らしき人のみだがお客様に対しての対応が丁寧で親切である。またテキパキと仕事をこなしているところも好印象、だから料理の提供スピードも早い。

おいしさに関しても牛煮込みをフルに活かした定食のラインナップで牛煮込みを最大限に活かす組み合わせだ。牛煮込み自体が非常に美味しい。

コスパは、この品数を考えたら900円は安い。この安さを実現する緻密な努力を感じます。そして、単純にして美味しい一品の料理が匠の域だ。

全体評価としては、高評価でお腹を空かした恵比寿リーマンとOLにとって満足度の高いランチになること間違いない。特にリーマンは、ガッツリ食べたいので非常に助かる。

ロズ
ランチに牛煮込みなら炭福(タンフク)あこやでしょ!

-ランチ