30代無職のロズ雑記

30代無職で高卒ニートの職歴なし絶望的人生。社会不適合者で真面目系のクズです。そんな人生をエンターニートで逆転するブログ。最近はグルメリポートが中心で田園都市線沿いの美味しいお店をご紹介しちゃってます。

ptengine

ランチ

新宿の超人気老舗カツカレー店「王ろじ」とん丼(カツカレー)をランチに食レポ

2018/06/06

王ろじ店舗前

昼になると必ず長い行列が作られる大正10年(西暦1921年)創業の超人気カツカレー老舗店「王ろじ」。今回はその名店に来店し食レポします。そもそもカツカレー発祥の店「銀座スイス」昭和22年(1947年)創業よりも古いのだから王ろじこそがカツカレーの祖であると一部グルメの間で議論を呼んでいるがその真意は不明である。王ろじはこれをとん丼と呼んでおり、カツカレーでないと主張されているようで店内では注文時に「カツカレーください」と言う人はいない。(とん丼だと吉野家の豚丼とかをイメージしちゃうのは筆者だけか?)

お店情報

  • 店名:王ろじ (おうろじ)
  • ジャンル:とんかつ、カレー
  • 場所:東京都新宿区新宿3-17-21
  • アクセス:新宿駅東口から徒歩4分
  • 営業時間:
    11:00~15:00
    16:30~20:30
  • 定休日:水曜
  • 利用日:2017年9月8日(金)
  • ホームページ:なし
  • 頼んだメニュー:とん丼・コーラ
  • 料金:1250円(税込)

食事レポート

メニュー

これがメニューです。もちろん店名物のとん丼を注文しました。括弧(かっこ)書きでカツカレーと書かれていますねwこれだと王ろじが、、、まーいいや、お値段がそこそこしますね。

メニュー2

メニューの裏には、単品の品やらドリンクやら。周りをみると韓国人の人が瓶のコカコーラを頼んでいましたので僕もつられて注文。

おしぼり・漬物

お茶とは粋(イキ)ですね。隣には王ろじ名物の王ろじ漬けです。料理が到着するのは、結構時間がかかるようです。なぜなら注文をうけてからカツを揚げるという丁寧な作り方をしているからです。楽しみに待ちましょう。

とん丼(カツカレー)

とん丼(カツカレー)が着丼しました!このフォルム、カツが組体操をしている。綺麗だ!素晴らしい。見た目からすろと大きな丸カツを三等分にカットして丼に盛り付けソースをかけているようだ。トンカツも粗めの挽いた豚肉を衣をつけて揚げたといった感じだろう。

瓶のコカコーラ

久しぶりに見ましたこの瓶のコカコーラ。もうそこらでは売ってない瓶コーラですね。あと冷え冷えのグラスです。これはおいしいこと間違いなし!

シュワシュワー

冷えて曇ったグラスにコーラを注(そそ)ぐとシュワシュワーと音を立てて、子供のビールですわ(俺は子供じゃないけど)。いつも飲むコーラより格段に美味く感じる、やっぱコーラは瓶でしょ!

とん丼の一口

トンカツをカレーを一緒にいただきましょう。サクサクっ!ちょっと固めの衣をまとったカツがピリ辛なカレーに絡んでおいしい!通常のカツカレーと違った味なんだけどこれはこれで有りだ。おそらく変わった形の肉が柔らかいカツがそうさせているのであろう。

ルーが足らない

食べ進めると思わない事件に遭遇した。それはルーが足りない!一見、ルーがたくさんかかっているのように見えたが丼効果による錯覚であった。あ〜まートンカツが美味しいからご飯と仲良くいただきます。

とん丼完食

とん丼普通盛りでの注文でしたが十分お腹いっぱいになりました。けど何か物足りなさも少しあります。なんだろうな。

総評

雰囲気 :★★★
店員の質:★★★
美味しさ:★★★
コスパ :★★
全体  :★★★

老舗名店と聞くと自然に期待してしまうのは、人間の性であろう。そこで発生するギャップは往往(おうおう)にして悪い方である。僕はカツカレーときいてパンチの効いたコクのなるカツカレーを想像していたが思いの外あっさりしており、男である自分は物足りなさを感じます。美味しいには美味しいけどもコスパを考えるとやはり、とん丼を考えても1000円を出すに値するかと言われると否と迷わず答える。そこまで心を揺さぶるほど美味しい訳ではないからだ。自分にとって外食で食べるグルメな料理とは「一つの芸術」だと思っておりますので今回のように何かしら心に残るインパクトを味にしろ見た目にしろ残っていないのが残念である。

ロズ
とん丼、、、

-ランチ
-,