30代無職のロズ雑記

30代無職で高卒ニートの職歴なし絶望的人生。社会不適合者で真面目系のクズです。そんな人生をエンターニートで逆転するブログ。最近はグルメリポートが中心で田園都市線沿いの美味しいお店をご紹介しちゃってます。

ptengine

ランチ

麺屋こころ溝の口店で評判の台湾まぜそば食べに行ったら旨辛だった

2018/06/06

麺屋こころ店舗前

ここ溝の口に台湾まぜそばが食べれる人気のお店「麺屋こころ」があります。とても人気があり、一斉を風靡した台湾まぜそばがいまだに根強い人気を誇っているのもこうゆうお店の自助努力によるものだろうか。平日の昼間でも店先に行列がうっすらとできております。それほどにリピーターが多いのでしょう。中には女性客もおり、性別を超えて愛されている名古屋名物のB級グルメ台湾そばをグルメリポートします。

お店情報

  • 店名:麺屋こころ 溝の口店
  • ジャンル:ラーメン、台湾まぜそば
  • 場所:神奈川県川崎市高津区溝口1-6-1 クレール溝口 1F
  • アクセス:溝の口駅から徒歩7分ぐらい
  • 営業時間:
    [平日]
    11:30〜14:30(ラストオーダー)
    18:00~22:30(ラストオーダー)
    [土]
    11:30~15:30(ラストオーダー)
    18:00~21:30(ラストオーダー)
    [日祝]
    11:30〜15:30(ラストオーダー)
    18:00〜20:30(ラストオーダー)
  • 定休日:年中無休
  • 利用日:2017年10月10日(火)
  • ホームページ:https://www.menya-cocoro.com/
  • 頼んだメニュー:九条ネギ盛り台湾まぜそば
  • 料金:900円(税込)

台湾まぜそば とは

台湾ませそばと聞いて、説明できる人はあまりいないであろう。そもそも台湾からきた異国のB級グルメなんだと思ってアジアンなエスニック料理と想像する人が多いでしょうが全く別物でむしろ、日本のラーメンに新ジャンルを作った油そばと双璧を成そうとしているのが台湾まぜそばである。

そのルーツは、グルメの街愛知県名古屋で2008年に誕生したのが始まりである。当初はかなり粗悪品で台湾ミンチという具材をただ、鶏の淡麗系のスープにぶち込んだ不味い台湾まぜそばならぬ、台湾ラーメンだった。それを偶然に女性アルバイターが「捨てるのもったいないから、ゆでた麺にかけて食べていいですか?」と言って、茹でた太麺に台湾ミンチをかけて食べて見たら思いの他、うまかったことから台湾まぜそばが誕生した。

その後、ブラッシュアップにブラッシュアップ、度重なるマイナーチェンジを重ね。2013年には名古屋のグルメイベントで表彰を受けるとそれをきっかけに全国に台湾まぜそばが広まり、現在に至る。

その特徴は台湾ミンチという鷹の爪、にんにく、醤油、ひき肉を混ぜたものを極太麺に乗せて食べます。麺にも特徴があり、スープとよく絡むようにするため、湯切りをせずにザルの中で麺棒でかきまぜて麺に傷をつけて絡みやすくしている。店によっては食べ終えた器に残る汁に追い飯をかけて〆るところもある。

以上を踏まえると汁なし麺の部類に入るラーメンで油そばとは姉妹ジャンルの関係と思って差し支えないであろう。

食事レポート

食券機

店に着くなり、行列に並びつつ先に食券の購入をしました。似たメニューが多いので迷ってしまいますが僕はネギ好きというのもあり九条ねぎ盛り台湾まぜそばを注文することにしました。

食券

これがその時の食券です。900円と少し高めなのが気になりますが味に期待したいと思います。12:33と購入した時間が記載されてますね。

九条ネギ盛り台湾まぜそば

着席するなり食券を渡し、店員に「にんにくどうします?」と言われるなり「お願いします」と返答して待つことに

九条ネギ盛り台湾そば

6分ほど待つと九条ネギ盛り台湾まぜそばが着丼しました。おー九条ネギが盛られてますね。ワガママをいうともっと盛って欲しいかなwさっそく混ぜて行きます。具材はニラ、魚粉、にんにく、刻み海苔、九条ネギ、台湾ミンチ、卵黄だ。

卵黄を各具材のまとめ役といった感じで皿の底にたまったタレと卵、具が麺によく絡まっています。

一口目

しっかりと具材や旨味がコーティングされた極太麺に頂いてみます。ずるずる〜ウメェ!ぴえ〜〜!辛いけど旨い。まさに旨辛な一品だ。そこに九条ネギのシャキシャキという歯ごたえが加わり、食べてて面白い。各具材が複雑に絡んでパンチが効いて絶妙に旨い!これは箸が止まりませんな!

昆布酢

しばらく食べたところで味変のために昆布酢を入れてみました。面白いのが酢を差す容器に昆布がまんま入っていてダイナミックな昆布酢でした。そもそも昆布酢を初めて見ましたw

昆布酢のあとの一口

昆布酢を入れたら色味が少し薄くなったような感じがします。いただきましょう、ズルズル〜!酸っぱいけど辛味がボディーブローのように後からきます。しょっぱい感じがむしろ邪魔で自分的には昆布酢をかけないほうがいいと思いました。ただでさえ味が濃いのであまり好きでない酢をかけると、すこし不味く感じます。(そもそもワシは酢があまり好きでない)

追い飯

タレのみ

極太麺がなくなったのでここで麺屋こころ名物の追い飯を注文しました。

追い飯

はい、追い飯しました。ご飯の量は茶碗四分の一くらいの少量ですがこのタレの量だとこれがちょうど良いのかもしれません。混ぜていきましょう。

混ぜ終えるとグロテスクなねこまんまになってますね。

追い飯一口

ネギとニラ、台湾ミンチが絡んだ追い飯をレンゲですくい上げて一口いただきます。お!ネギのシャキシャキがまだ健在で濃口のタレがご飯によく合って旨味満載なタレ丼だ。

完食

完食しました。ご馳走様でした。

総評

雰囲気 :★★★
店員の質:★★★
美味しさ:★★★★
コスパ :★★★
全体  :★★★☆

リピーターが多いのがうなづける癖のあるパンチの強い旨辛な台湾ミンチと醤油ベースのタレの組み合わせがよく、そこに様々な歯ごたえや風味、味を提供する具材が面白い麺料理になっています。スタミナのあるB級グルメに止めるのはもったいないくらい、油そばのようなインパクトがあります。そこら辺にあるラーメン屋で似たようなラーメンを食べるよりここの台湾まぜそばを食べるべき一品です。普通に美味しいから周りの客の口が止まりません。それが客の回転率に影響して、通常のラーメン店と比べると倍くらいの速さで次々とご馳走様をしていきます。タイミングよく次から次へと客がきて常に満席状態なのも面白いですね。

ロズ
麺屋こころの台湾まぜそばがいい仕事をしよる。

-ランチ
-