30代無職のロズ雑記

30代無職で高卒ニートの職歴なし絶望的人生。社会不適合者で真面目系のクズです。そんな人生をエンターニートで逆転するブログ。最近はグルメリポートが中心で田園都市線沿いの美味しいお店をご紹介しちゃってます。

ptengine

ランチ

梶が谷ラーメン「薫風(くんぷう)」の醤油ワンタン麺がさっぱりして食べやすい

2018/06/06

薫風店舗目

梶が谷という溝の口の隣駅にある高評価ラーメン店「薫風(くんぷう)」。昔ながらの中華そばという感じで今風にいうと支那そばである。特徴としてあっさりとしてコクのある王道のラーメンで誰しもがラーメンを想像するとコレだ!とてもシンプルながらその腕を具材とかで誤魔化せないのがこの支那そばの特徴である。ラーメンの実力がダイレクトに出るだけに一切の油断が許されない難しいラーメンなのだ。食べログで3.57点と高得点を獲得しており、目黒のかづ屋で修行した美味しいラーメンの口コミだ!

お店情報

  • 店名:薫風 (クンプウ)
  • ジャンル:ラーメン
  • 場所:神奈川県川崎市高津区末長1-51-10
  • アクセス:梶が谷駅から徒歩5分
  • 営業時間:
    [月]
    18:00~22:00
    [火~金]
    12:00~14:00、18:00~22:00
    [土・祝]
    12:00~15:00、18:00~21:00
  • 定休日:日曜
  • 利用日:2017年10月13日(金)
  • ホームページ:なし
  • 頼んだメニュー:ワンタン麺 醤油 (ワンタン5個入り)
  • 料金:890円(税込)

食事レポート

メニュー

かなり迷ったのですがネットでも人気であるワンタン麺を注文することにしました。けど中華そばが690円と良心的な価格ですね。それ以外に特製パテというラーメン屋には見かけないトッピングがありましたが無視します。

※ワンタン麺に味玉はつきません

席に着席するなり店内の様子

ラーメン点にしては清潔感のある店構えです。

ワンタン麺醤油(5個入り)

ワンタン麺

6分ほどでワンタン麺がきました。見た目は、少し濁りがあるけど薄めの醤油ラーメンといったところでトッピングもワンタンを除けばスタンダードな中華そばだ。

見た目からあっさりしてそうな感じの支那そばで醤油ラーメン独特の香りがします。

麺

さっそく食べてみましょう。ズルズル〜、うん、麺はストレートの中太麺で多加水だ。だから喉越しがよくスルスル〜と口の中に入っていく。プリプリな麺は歯切れがよい。さっぱり支那そばによく合う昔ながらのラーメンだ。ちなみに自家製麺です(麺からこだわってるんだな〜)。

スープ

スープ

スープは支那そば特有の澄んだスープでなくて濁りが若干ある薄めな色合いだ。飲んでみると動物性の鳥だしが効いており、うっすら生姜が入っているのか後から良い香りがきます。とても飲みやすく女性や老人に親しまれる優しい味だ。けど少し水っぽいかな?

ノリ

スープでしなびてしまった海苔(ノリ)をいただきます。ずるずる〜海の香りが広がる普通の海苔ですw

ワンタン

ワンタン麺の主役であるワンタンです。ちゅるんっ!熱っ!!噛むと中から肉汁が少し出てきました。鶏肉ミンチに胡椒と秘伝のタレで味付けしたパンチのある普通のワンタンだな。ラーメンとは別の存在感を発しています。

メンマ

バリッボリッ!かなり濃縮されたメンマなのか通常のメンマより歯ごたえがしっかりとしており、サイズ感も少し小さいから通常のメンマを圧縮した感じがします。この硬めのメンマは俺好みで男性諸君が好みそうなメンマだ。パリっボリ!

チャーシュー

はい、肉汁あふれるチャーシューですね。画像からすると大きく見えますが普通のサイズでこのチャーシュー1枚しか入ってません。食べると脂身の少ないしまった肉質のチャーシューが意外にも柔らかくホロホロっとちぎれます。あっさりとしたラーメンにこの存在感と弾力のあるチャーシューいいですね。変に脂身がないからラーメンのコンセプトっていうのかな あっさり食べやすいラーメンにズレない統一感のあるチャーシューです。

再度 ワンタン

再度、ワンタンをいただきます。さっきはワンタンのみでしたが今回はスープと一緒にいただきましょう。ズルっ、うんスープの清楚な味わいとパンチのあるワンタンが混ざって見事に合わさって美味しいワンタンスープになっている。スープの水っぽさが逆にワンタンを補助しているからこそ成立する調律のとれた美味しいワンタンだ!

完食

綺麗に完食しました。エグ味や苦味を全く感じられず素直に優しい気持ちになって食べれる美味しい醤油ラーメンでした。

 

総評

雰囲気 :★★★☆
店員の質:★★★
美味しさ:★★★☆
コスパ :★★★
全体  :★★★

かなり評価が難しいラーメンで薫風という看板どおり薫り高い高品位なラーメンという感じすし、全体的な調和を考え抜かれた具材の選別と調整がなされている正統派ラーメンである。鶏ダシを丁寧に抽出したスープも職人の技が光る脱帽する一品である。しかし、そんなスープにも水っぽさがあり、すこし水っ気が感じられました。もちろんエグ味や苦味が全くないことから一切の油断ならぬ気持ちでスープを作っているのがわかるのだがどこか支那そば特有のスープの強さが感じられずマイナス点としました。それでも通常のラーメン屋に無い精錬されたスープであるのは確かで後はもう少しこってりとした力強さのあるスープになると正直、化けるとおもいます。あとは通常のラーメンならコスパが良いと思いましたがワンタン麺で890円は普通だと思いました。

総合的にまとめるとラーメンは中の上といった感じで驚くほどのラーメンではありませんでした。なので星三つという評価にさせていただきました。けど美味しいのは確かです。

ロズ
澄んだスープになればかなり化ける美味しい醤油ラーメンでした

-ランチ
-