30代無職のロズ雑記ブログ

30代無職で中卒ニートの職歴なし絶望的人生。社会不適合者で真面目系のクズです。詰んでる人生をエンターニートで逆転するブログにして史跡。主な活動はグルメリポートが中心で日本全国、津々浦々の美味しいお店やイマイチのお店まで読者の為になる情報を社会的弱者という視点で提供した雑記。賞賛コメント歓迎です。アンチコメントは受け付けてません。

ランチ

【板蕎麦(いたそば) 香り家(かおりや)】恵比寿 そばの始祖と田舎蕎麦が旨すぎて泣けた

2020/01/06

香り家 店舗前

恵比寿にある都内で唯一の田舎蕎麦が食べれる蕎麦屋「板蕎麦 香り家 (いたそばかおりや)」。

そもそも板蕎麦とは、板箱を器にして食べたことから板蕎麦と命名された。

そもそも板箱とは、蕎麦を保存する箱である。

説明すると面倒だがとにかく純粋にして始祖の蕎麦が食べれるのであるのだからグルメファイターなら避けては通れない。戦闘開始!

こんな方にオススメ

  • 恵比寿近辺にお住いの方
  • 恵比寿近辺で勤務されている方
  • 恵比寿でランチに迷っている方
  • 隠れ家のような同僚に合わないランチを探している方
  • おいしい田舎蕎麦が食べたい

お店情報

  • 店名:板蕎麦 香り家 (いたそばかおりや)
  • ジャンル:そば
  • 場所:東京都渋谷区恵比寿4-3-10 中出センチュリーパーク 1F
  • アクセス: 恵比寿駅東口徒歩3分
  • 営業時間:
    [ランチ]
    11:00~16:00(L.O.15:30)
    [ディナー]
    17:00~23:30(L.O.23:00)
  • 定休日:なし
  • ホームページ:http://foodgate.net/shop/kaoriya.html
  • 利用日:2019年10月15日(火)
  • 頼んだメニュー:舞茸の天ぷらそば切り
  • 利用料金:1,210円(税込)

お食事レポート

店内に入るととてつもなく長い長机に通される。

店内の雰囲気は古(いにしえ)の蕎麦屋といった感じか。世界観が江戸時代という中世か。店主はよほどの中二病なのだろう

メニュー

メニューも和紙っぽいぼろい紙に手書き感のある読みづらい文字。随所に世界観を大事にしているのがわかる。おそらく、店員もちょんまげヘアーの料理人がいるのだろうな。

メニュー

舞茸の天ぷらが美味しい中野屋の記憶があるのでここでは、「舞茸の天ぷらそば切り」を注文。

ここで店員から細麺か太麺かを聞かれるのでここは迷わず田舎蕎麦といえば太麺だ。

メニュー2

ランチタイムサービスでさんまの炊き込みご飯を付けていただけるのでこれも注文。

舞茸の天ぷらそば切り

舞茸の天ぷらそば切り

おー板箱を器に使った蕎麦が江戸時代にタイムスリップしたような感覚に。(ええ仕事するじゃねーか、てあんでい!これぞ江戸っ子の心意気)

ワサビで蕎麦

見よ!この太さ!蕎麦でこの太さをお前らは食べたことなかろう。これが田舎蕎麦じゃ!ワサビで蕎麦本来の風味、味、食感を楽しもうでないか。

ズルっ!そば粉の香りの力強いコシを感じる。ここまでわかりやすい蕎麦は都内でここだけだろう。

天ぷら

天ぷら

舞茸天ぷらにオクラ天、かぼちゃ天、レンコン天が入っている。ボリュームに死角なし。塩をかけるぞ。

舞茸天

塩のかかった舞茸天ぷらをかぶりつく。ガブっ!

舞茸天ぷらの断面

舞茸汁が噛んだ瞬間に口の中に広がる。舞茸の良い風味が鼻をぬけてくのを感じる。

小ぶりの一口サイズの舞茸天だから食べやすいのも良い。

衣もサクサクで揚げたてなのが歯ごたえでわかる。

田舎蕎麦を一口

田舎蕎麦

本命の田舎蕎麦を一口、ズルズル〜。うん!濃口の醤油ベースめんつゆが頑固な蕎麦を綺麗にコーティングして最高の蕎麦味に昇華(しょうか)させる。

田舎蕎麦!俺に出会ってくれてありがとう。

大根おろし

天ぷらをつゆで食べる前にこの荒削りの大根おろしで食べてみようとおもう。

大根おろしを天つゆに投下

蕎麦を食べていた天つゆに大根おろしを投下!

舞茸天ぷらと天つゆ

写りがぼやけて悪いけど大根おろしの入ったつゆに舞茸天ぷらをつけてガブっ!

ん〜最高だ!濃い味の天つゆを大根おろしがまろやかにして舞茸天ぷらと一緒に食べることによって、甘みのある大根が舞茸天ぷらに化学反応を起こしとてつもないさっぱりとした味わいにさせる。ウマい!

さんまの炊き込みご飯

さんまの炊き込みご飯

さんまの炊き込みご飯にパクっ!

サービスランチなので薄味なのは仕方ない。でも天ぷらと一緒に食べるとことでかすかなサンマの匂いが秋の紅葉を感じさせる感慨深い味にさせる。

完食

完食

どれもおいしかったわ〜ごちそうさまでした。

総評

雰囲気 :★★★★
店員の質:★★★
おいしさ:★★★★
コスパ :★★★
全体  :★★★☆

日本の中世を感じさせる中二病的な設定。昔ながらな田舎蕎麦。メニューに書かれた汚い文字。どれも素晴らしい雰囲気を醸し出している。外人さんがきたらoh~ninja!っと言ってしまいそうな禅的な内装だ!

店員の質は、普通かな〜特にコスプレしてないし(俺は、何を期待してるんだ)

おいしさについては、強烈なまでに田舎蕎麦だ。蕎麦の始祖にふさわしいわかりやすい蕎麦の風味と歯ごたえ、味。つまりウマいのである。天ぷらも蕎麦を邪魔しない脇役に徹している。

コスパは、恵比寿のリーマンやOLが金持ちとはいってもさすがに1,210円は大金だ!小遣い制のリーマンだと非常に難しい高価格設定だ。

全体評価では、手の込んだ雰囲気づくりにとてつもない田舎蕎麦感!日本人古来の遺伝子に訴えかける心を熱くさせる涙なしに語れないおいしさだ。なので友人を誘って行きたいお店だ(友人なんていないのだけれど笑)

ロズ
進撃の蕎麦にして蕎麦の始祖!それが香り家だ!

-ランチ
-