30代無職のロズ雑記

30代無職で高卒ニートの職歴なし絶望的人生。社会不適合者で真面目系のクズです。そんな人生をエンターニートで逆転するブログ。最近はグルメリポートが中心で田園都市線沿いの美味しいお店をご紹介しちゃってます。

ptengine

ランチ

【相模大野】はじめてのいきなりステーキで平日ランチ限定のワイルドステーキ300gを食らった!

2017/02/20

いきなりステーキといえば立ち食いするスタイルでステーキを食べることができるステーキ専門店だ!これを手がけているのがペッパーランチで有名な「ペッパーフードサービス」である。さらにお客様の注文を受けてステーキを量り売りするという斬新さも他の飲食にはない特徴であろう。そんなお店に今回、ランチでお得なワイルドステーキを食べたく突撃してきた!!

基本情報

  • 店名:いきなりステーキ 相模大野店
  • ジャンル:ステーキ
  • 場所:神奈川県相模原市南区相模大野3-14-7
  • アクセス:小田急小田原線「相模大野」駅北口 徒歩2分
  • 営業時間
    通常:11:00~23:00(ラストオーダー22:45)
    ランチタイム:11:00~15:00(※平日のみ
  • 利用日時:2017年2月15日(水)
  • 頼んだメニュー:ワイルドステーキ 300g
  • 料金:1,458円(税込)
  • オプション:ライス大盛り無料・おかわり無料
  • 現在の肉マイレージ:300g

店舗限定、平日ランチ限定ワイルドステーキの300gを頼んだ!値段は1,350円だ!無職の俺は真昼間からステーキという高級食材を食らうのである。もぐもぐ、なんて贅沢なんだ!さー本題だ、これからレポートしていくぞ!

食レポ♪

まず着席すると席に案内された。ん?立ち食い形式でないのか?椅子に座って食べる形式である。これは助かる!どうやらお客さんの要望で立ち食いのお店が少なってきているようだ!相模大野に関して言えば立ち食い席は無かった。ゆっくり肉の味に集中できるということか!

値段の方は、どうであろう、、、安いだろう!一般的に200gのランチステーキの場合、1,500円ぐらいが相場だ!けど200gで1,100円で食べられる!300gでも1,350円!この計算だと100gあたり2.5円だから450gだと1,100円+625円だから1725円か!ん?違う1,800円かい!おい!ここでお得なのは300gであるからそれをチョイス!というか200gだと物足りなさがあるし、450gだと多すぎるのでこの300gくらいがちょうど良いであろう。肉はアンガス牛だ!

すぐに紙エプロンが到着し、同時にサラダとオニオンベースの牛肉スープが到着だ!メインとなるステーキが到着するまでこのサラダとスープでも食べてお待ちなさい!ということであろう。

ここでおすすめの食べ方がある。サラダもスープも少し残してほしい。こいつらは、真打であるステーキの合間に食べるのがGOODだ!というのもステーキの量が膨大な為、口直しが必要になる。そんなときにスープとサラダが役に立つ。

サラダにかけるドレッシングは2種類ある。ここは評判の「いきなりドレッシング」をチョイスした。こちらはオニオンを土台にしたドレッシングとなっている。なので玉ねぎの甘みを感じる、甘めのドレッシングだ!

ちなみにこれが左がコショウで右が塩だ!一般家庭にはない、厨房専用の大きさだ!

(左)コショウ (右)塩

これが真打に浴びせるソース達だ。2種類、用意されている。いきなりステーキは、右のホットステーキソースに比べると味が濃く甘いのが特徴だ!

ここで余談だが、このホットステーキソースが水筒用の魔法瓶に入っているもんだから自分は、水と間違えてコップに注いでしまった。こうゆうアホは、よくいるらしい。初めていきなりステーキに行く方は注意しとけw

7分ぐらいだろうか。そのぐらい待ってると真打のステーキが登場である。おーー肉である。

よーく見ると肉は表面だけ焼かれており、中は生である。それも強烈に生だ!え、これでソースかけて食べるの?おれ、生はちょっと、、、厳密に言うとブルーレアであろう。レアより少し生って感じだ!

と思っていたら注意書きが書かれていた。どうやらワイルドステーキは、鉄板の余熱でお好みまで焼く仕様のようだ。なるほどね、つまり自分で調理して食欲を高めなさいということだ!

っとここで隣席の若いお兄ちゃんどもが店員にコレ、生なのでもっと焼いてもらえますかとBBA店員に言っていた。けどBBA店員は、「鉄板でお好みの焼き加減までお焼きください」。まーそうなるわなw

以外にも自分で焼くのが結構楽しかったりする。自分で調理している感覚であろう。さらにおいしさが倍増した。

お好みのミディアムレアに焼けたのでここでホットステーキソースを投入だ!

するとコーンが踊り出した。まさに狂乱の宴であろう。鉄板の上はお祭り状態だ!さー早く食べないと!

刮目せよ、この焼き加減!仲間でしっかり火が通っているがほんのり赤みがあるこの肉!このぐらいがライスと一緒に口へ放り込むととてつもない科学反応起こすのである。

もぐもぐ、うっ!柔らかい!!本当に牛肉なのか!赤みでこんな柔らかさとジューシーさを表現するとはっっ!しかも噛めば噛むほどに肉汁が出てくるでないか!

このお米は、ヒノヒカリであろう。小粒でお米の一つ一つが立っている。よいチョイスだ!

さてステーキの入った牛肉に放り込んで見るか!パク!〜〜〜〜〜〜なんという爆発的な味融合だ!人間が本来、欲していた味であろうこの糖質と脂質の入り混じった甘みとコクが口の中でパラダイスフィーバーしてやがる!

結構、食べたところで「いきなりソース」のお出ましだ!赤みのステーキの上にかけてみる。タラァ〜〜

一口パクッと!!!!味が変わった!全く違う味ではないもののそれでも味に甘みが足された!ちがったステーキに変わったのである。ちょうど飽きていたのでこれは面白い!

すごい勢いで大盛りライス(280g)を完食してしまった。肉は、まだ残っているのでここでライスのお代わり!しかも無料だから気兼ねなく頼めるぜ!

ちょうどここで口直しの肉スープとサラダだぜ。おー俺の口の中の荒れた大地に平穏が訪れているのがわかる。

まだこんなにも肉が残ってやがるぜ!フーーーー!

ここでトラブルだ!店員さんから「只今、ライスがなく10分程、炊き上がるのに時間がかかります。少々お待ち頂けますでしょうか」だ!ここは待つ以外に選択肢がないでろう。今の俺は、スープの平穏で仏の境地に達していたのでそれを承諾。

5分したら大盛りライスが到着!なんだ、意外にも早いでないか!さて2回戦突入だ!

ごちそうさまでした!もう満足でごわす!

そして最後に思う「ああ、コーンがあってよかった」(w 付け合わせのコーンの重要性は食べ終わった時にわかるから不思議ですね)

全体評価

雰囲気 :★★★★★
店員の質:★★★
美味しさ:★★★★★
コスパ :★★★★
全体  :★★★★

チェーン展開している店だからと言って侮るべからず!ステーキは、本当に美味しい!こんなにも赤みの肉が美味しいと感じたのは久しぶりであろう。店内を見渡すとほぼ満員である。となりの飲食店とは一線を画す(いっせんをかくす)程の人気ぶりだ!人は、これを求めていたのであろう。

ずっと、俺はステーキに踊らされていた気分だ!店に入ってからお帰りになるまで心が踊りっぱなしだ!ステーキのサーカスを見ていたようだ!

すまないすごく曖昧な表現になってしまった。が!それだけおしかったのである。ぜひ、皆さんも言ってほしいお店だ!

最後に肉マイレージをいうものを作った。これは、自分がどのくらい肉を食べたかがわかる代物だ!カード発行料100円かかるはずだが今日は無料であったので作って見た。まるでゲーム感覚だ!これも面白い戦略だ!いきなりステーキは随所に遊び心があり、アイディアが溢れている。これは新しい飲食店の形になるであろう。

 

 

 

-ランチ