30代無職のロズ雑記

30代無職で高卒ニートの職歴なし絶望的人生。社会不適合者で真面目系のクズです。そんな人生をエンターニートで逆転するブログ。最近はグルメリポートが中心で田園都市線沿いの美味しいお店をご紹介しちゃってます。

ptengine

ランチ

【渋谷】越後屋 三太夫のランチでお魚定食を喰らう!

越後屋の系列店が渋谷に出来ていた。その名も「三太夫」!越後屋がすごく好きってわけではない。けども干物焼き魚の定食が食べたくなった時、行きたくなる。というかお魚定食がある店も限られている為、選びようがなかった。ちょうど渋谷への用が終わって昼過ぎだったので道玄坂の途中にある入ってみることにした。

お店の基本情報

店名:越後屋 三太夫(えちごや さんだゆう)
ジャンル:魚介料理(干物定食屋)
場所:東京都渋谷区道玄坂2-6-15 ユニ道玄坂ビル B1F
最寄駅:中央林間
駅から店までのアクセス時間:8分(徒歩)
利用日:2017年1月29日(日)
利用日時:ランチ(11:00~?)
頼んだもの:日替わり定食(赤魚粕漬け)・ご飯大盛り
料金:840円
オプション:スタッフが客の靴を出し入れしてくれる。いわゆる下足番である。

実食

ここは店舗前です。渋谷道玄坂を登っていくとありました。江戸時代の雰囲気でしょうか。内装にお金をかけてるようですね。お店に入ってすぐ靴を脱ぐんですがそのまま席に案内されました。靴を下駄箱にしまうのは、スタッフさんの仕事みたいです。斬新なサービスだ!

いろいろとメニューがありますがこのメニュー表は味があって良いですね。普通のメニュー表だと料理に画像がついてたりすると思います。しかし、ここはシンプルなメニュー表の作りになっており店の雰囲気にあってますね。今回は日替わり定食を頼みました。

醤油もこだわりを感じました。左が濃口醤油で右が関西でよく使われる薄口醤油です。干物系の魚定食が多いので醤油への気配りを感じますね。ただ、水が不味かったですw

定食が届きました。ご飯を大盛りにしましたがホントに大盛りですね。美味しそうな赤魚ですね。大根おろしもぎっしりと固めてありますね。こうゆうの好きです。

良い焼き加減です。外はしっかり焼いて匂いを出しつつ中はうっすらピンク色と魚の甘みをしっかり残しているあたり、焼き方を知っていますね。大根おろしに醤油を垂らしていただきます。パクッ!うん、甘い!ご飯がすすむ焼き魚ではありませんが淡白でありつつもほんのり甘みを感じます。美味しいです。また、大根おろしでさっぱりしててパクパク食べちゃいますね。

あっという間に完食してしまいました。退店時に僕の靴を下駄箱から出してくれてました。どうやら客の靴を覚えてるようですね。他の店には無いサービスだ。なんども言うが「水が非常に不味い」のが残念でした。それとホールのスタッフが女性のみでした。ギャルって感じで対応もあまりよろしくありませんでした。接客しているというよりイベントスタッフの誘導係って感じですね。

評価

雰囲気 :★★★★
店員の質:★★
美味しさ:★★★
コスパ :★★★
全体  :★★★

株式会社越後屋 江波戸千洋さんの系列店である為、他の店とは全然違って個性が溢れていますね。詳しく言うと社長の方針で、本社機能は小さくし、会社としての宣伝はしない、との方針のようです(なので、ホームページはない)。もともと「立ち食い焼肉 次郎丸」で人気を博しただけあって人が引き寄せられる店の作り、サービスになっているのもわかります。店内が江戸時代をイメージしたのか作りが他の店には無い独特な作りになっているように感じました。定食は、炭火で丁寧に焼きあげているので良い香りがしてそこそこ美味しいです。とてつもなく美味しいわけではないですが他の部分で飲食店としての差別化ができているように思います。渋谷は不味い店が多いのでこうゆう店があると助かりますね。メニューも豊富に取り揃えているので制覇するには少し時間がかかります。ということは、それだけいろいろと楽しめるお店ということですね。また機会があれば行きたいですね。

-ランチ