30代無職のロズ雑記ブログ

30代無職で中卒ニートの職歴なし絶望的人生。社会不適合者で真面目系のクズです。詰んでる人生をエンターニートで逆転するブログにして史跡。主な活動はグルメリポートが中心で日本全国、津々浦々の美味しいお店やイマイチのお店まで読者の為になる情報を社会的弱者という視点で提供した雑記。賞賛コメント歓迎です。アンチコメントは受け付けてません。

ディナー

【初代】溝の口 圧倒的な世界観でそばの美味しさを伝える居酒屋

2020/03/14

そば切り

溝の口に名物のふわふわカレーうどん「路じ」があった。今回は蕎麦の名店にして始まりの店「初代」2番目のお店。

とてもエレガント(上品)でエスタブリッシュメント(支配階級)な世界観で恵比寿という上流階級の人たちが住まう人たちから強い人気がある。本店である恵比寿初代は、あまりの人気で予約必須のお店だ。

実際に食べに行った感想は、そこまでそばが極めて美味しいとは思えない。ならなぜ・・・そこには人気店に必ず共通する要素がある。徹底した非日常という名の異世界感だ。中二病のように聞こえるがその徹底した有名デザイナーによって設計されて内部構造、そば職人をあえてパフォーマーとして見せることで客を食べる前から楽しませるエンターテイメント。そして器。綺麗に作られた料理がとても価値のある料理に変わるのである。

これから実際の内容を詳しく口コミと評価をあなたにお見せしよう。

こんな方にオススメ

  • デートに利用できるお店を探している
  • 宴会として利用できる美味しい店を探している
  • 夕食でも居酒屋としてもそばが食べれるお店を探している
  • 溝の口駅近辺にお住いの方
  • 溝の口駅近辺で勤務されている方
  • 溝の口駅でランチに迷っている方

お店情報

  • 店名:酒彩蕎麦 初代 (しゅさいそば しょだい)
  • ジャンル:そば、居酒屋・ダイニングバー(その他)、居酒屋
  • 場所:神奈川県川崎市高津区久本1-2-1 インフィールド溝口 2F
  • アクセス: 溝の口駅徒歩3分
  • 営業時間:
    [月~金]
    ランチ 11:30~14:30(L.O.14:30)
    ディナー17:00~翌1:00(L.O.24:30)
    [土・日・祝]
    11:30~翌1:00(L.O.24:30)
  • 定休日:年中無休
  • ホームページ:http://shodai-food.com/shodai_02/
  • オープン日:不明
  • 利用日:2018年6月22日(金)
  • 頼んだメニュー:汲み上げ湯葉・初代風だし巻き卵・そば刺し・天そば切り
  • 利用料金:702円・734円・572円・1458円 (税込)

お食事レポート

店舗前の写真を撮るの忘れました。

階段を上がったところにあるのですがこうゆう高級店は、いつも通り入りづらいお店ですね。貧乏な民度が低い人が寄り付かない敷居の高さだ。

空気を読まない、読めないニートの私はそんなの関係ありません。服装がスエットだろうが上半身裸だろうが海パンだろうが入ります。(上半身裸の時点で通報されるだろ)

メニュー

メニューA

テーブル席に案内され、着席してメニューを確認。

初代の板そばは、絶対に外せない。

一番高い「天そば切り」を注文。

メニューB

そばだけでは面白みがないので「初代風だし巻き卵」、「そば刺し」を注文。

メニューC

上級国民の食べ物である湯葉(ゆば)も食べたい。

「汲み上げ湯葉」を注文。

汲み上げ湯葉

汲み上げ湯葉

しばらくして「汲み上げ湯葉」きました。

黒のお皿に白い湯葉。その上に緑のわさびだ。白い湯葉がさらに精錬さらた料理に見える。

汲み上げ湯葉を食べる

湯葉を醤油につけてパク。

ん〜豆腐の風味と味で弾力があって歯ごたえがある。

湯葉を本格的に食べたのが初めてでそんなに美味しい食べ物でないようだ。

初代風だし巻き卵

初代風だし巻き卵

今度は白い器に黄色の「初代風だし巻き卵」、青ネギ、白い大根おろしだ。

これまた上品な見た目で食べるのがもったいない。

初代風だし巻き卵を食べる

大根おろしを乗せた美しいだし巻き卵に醤油を浸けてパク。

初代風だし巻き卵の断面

非常に柔らかいホロホロとしただし巻き卵で噛んだ瞬間に崩れました。

ダシが口の中に広がって大根おろしのさっぱりとした後味が良く食べやすい。

そば刺し

そば刺し

そばを広めにカットしたような「そば刺し」。

初めて見ました。そばが刺身!?

あえて通常の生わさびじゃなくて山わさびで食べてみようと思います。

山わさびを擦る

生わさび

これが山わさびを擦る器具です。

生わさびを擦る1

板に山わさびをつけてここからゴリゴリと円を描いて擦ります。

生わさびを擦る2

擦るとみずみずしい山わさびが泡を立てて擦り下ろされていく。

ペーストのわさび

ヘラで山わさびを回収。

あれだけ擦ったのにこれだけしかワサビを取れませんでした。

そば刺しを食べる

そば刺しを食べる

そば刺しに山わさびをつけてパク。

蕎麦の香りが強く、純粋にそばを楽しめます。

そば刺しを食べる2

この薄さを見てください。ペラペラです。パク。

わさびの良い香りの後にそば粉の香りと粉感が少しきます。

通常のそばに比べて食べづらいけどそばを感じるならそば切りだと思いました。

天そば切り

エビ天

エビ天

天そば切りの天ぷらがきました。

エビ天とししとうの天ぷらだ。

塩

6種類の塩から選んで食べるのが初代の天ぷらの食べ方。

エビ天を塩につける

エビ天をアンデスの岩塩につけて食べてみましょう。

エビ天を食べる

わかりづらいですがエビ天にピンク色の岩塩を付いているのがわかるだろうか。

一口、パク。

エビ天を食べた

揚げ具合がちょうど良くプリプリなエビに外のサクッとした香ばしい衣、それらを岩塩が引き立てて素材の味がダイレクトに甘く口の中に伝わる。

そば切り

そば切り

板に入れられたそば切り。まー板そばである。

塩でそばを食べる

これも岩塩につけて蕎麦の素材を楽しみしょう。

塩をつけたそばを食べる

岩塩をつけたそばをズル。

蕎麦は硬めで上品な味で岩塩が素材の味を強調します。

そばつゆに薬味を投入

そばつゆに薬味である刻み葱を投下。

わさびをそばつゆに入れる

先ほどのおろし立てのわさびをそばつゆに投下。

そばをわさびで食べる

まずそばを山わさびのみでいただきます。ズル。

鼻にツーンとくる山わさびで不思議とそこまで嫌な感じがしない。

これが天然すり立てのわさびか。

それに後からそばの上品な香り、味が伝わってきます。

そばをつゆに浸けて食べる

そばをつゆにつけてズルズル〜。

つゆのシャープな味がそばの香ばしさに強いキレが生まれて美味しい。

またそばが硬めなので歯ごたえがある。

そば湯

蕎麦湯

締めは、そばつゆにそば湯を入れてゴクゴク。

ほっこりする味で心が温まります。ごちそうさまです。

総評

雰囲気 :★★★★☆
店員の質:★★★☆
おいしさ:★★★☆
コスパ :★★★
全体  :★★★☆

有名デザイナーが手がけただけあって外観から内観、テーブル、椅子、調味料、皿、そして料理にまで徹底した和やワビサビを感じられる日本人で生まれてよかったと思えます。

店員の対応は普通に丁寧に対応されていて良いと思う。具体的には、注文を受ける際は膝を立てて受けていたり、言葉遣いも丁寧でよかったです。

料理自体が美味しいかというとそこそこで普通に近い。しかし、料理の器や世界観、非日常な食べ方が新感覚で料理を美味しくさせている。味覚だけでなく行動でも味を感じているような感じだ。

コスパは、料理の原価を考えたら高いと思ってしますが周りの雰囲気や世界観を考えると妥当な価格。

全体的な評価だと圧倒的に雰囲気、世界観と料理の調和が取れている。これだけの人気を獲得できるのに納得がいくバランスの取れた飲食店だ。

ロズ
素晴らしい世界観でさすが初代だ!外人が喜ぶこと間違いなし!

-ディナー