30代無職のロズ雑記ブログ

30代無職で中卒ニートの職歴なし絶望的人生。社会不適合者で真面目系のクズです。詰んでる人生をエンターニートで逆転するブログにして史跡。主な活動はグルメリポートが中心で日本全国、津々浦々の美味しいお店やイマイチのお店まで読者の為になる情報を社会的弱者という視点で提供した雑記。賞賛コメント歓迎です。アンチコメントは受け付けてません。

ディナー

【清澄白河・森下】静龍苑 日本一最高のタンが食べれる老舗焼肉屋

2020/03/27

タン塩

日本の3本指に入る牛タンの名店が清澄白河駅にある。「静龍苑(せいりゅうえん)」だ。

もともと森下駅で絶大な人気で長蛇の行列が当たり前の老舗焼肉屋。そんな店がすぐ近くの清澄白河駅に移転。

以前の予約は17:00ぴったりじゃないと受け付けない。一週間先の予約は女帝の記憶の部屋が狭いので受け付けない。開店前の行列。それが今回の移転で完全予約制へと変貌を遂げた。

今回の執筆は、移転前の45年間森下駅で営業されていたものになる。本当なら今の静龍苑にも行きたかったのだが電話で予約すると一ヶ月先まで埋まっているとのこと。orz

正直な話、本当に美味しい店で紹介したくない焼肉屋なのだがここまで有名なら日本で一番美味しいタン塩の焼肉を紹介したいと思う。

こんな方にオススメ

  • 日本一美味しい牛タンが食べたい方
  • 寺門ジモンを唸らせた取材拒否の店を探してる方
  • 森下駅近辺にお住いの方
  • 清澄白河駅近辺で勤務されている方
  • 清澄白河駅でランチに迷っている方

お店情報

  • 店名:焼肉 静龍苑
  • ジャンル:焼肉
  • 場所:東京都江東区常盤2-14-11
  • アクセス: 清澄白河駅徒歩3分
  • 営業時間:
    [月・火・木・金]
    17:30〜22:00(L.O21:30)
    [土・日]
    17:00~22:00(L.O21:30)
  • 定休日:水曜日
  • ホームページ:なし
  • オープン日:2019年8月8日 (移転前 1974年創業)
  • 利用日:2019年1月14日(月) 成人の日
  • 頼んだメニュー:キムチ盛合せ・あぶりユッケ・大盛りライス・タン塩&ミノ塩・カルビクッパ
  • 利用料金:1,300円 + 1,800円 + 350円 + (2,900円 x 2 + 1,600円) + 900円 = 11,750円(税込)

お食事レポート

長蛇の列にならんで1時間半待たされてようやく入店。

テーブル席に案内されて着席。

店の女帝であるおばさんが「塩ものとあぶりユッケのみ最初の1回しか受け付けないよ」という大変強気の注文システム。初見の人からするといったい何を言われたのか理解できなくなるほどだ。

つまり一球入魂して注文しなさいという客側と店側の真剣勝負が注文の時から始まっているのである。

手書きのメニューから「キムチの盛合せ」、「あぶりユッケ」、「大盛りライス」、「タン塩2人前」、「ミノ塩」、カルビクッパを注文。

※メニュー画像や調理画像など紹介するつもりが無かったので撮っていない。記念の画像のみで紹介させていただく。

キムチ盛合せ 1,300円

キムチ盛り合わせ

美食家の私が食べてきた焼肉屋で必ず共通するものがある。

それは「焼肉が旨い店は、キムチがうまい!」ということだ。

ナスの漬物、きゅうり、そしてキムチをそれぞれ食べる。

ボリボリとした食感で臭みや酸味がない食べやすくてほんのり野菜の甘みを感じるものすごく美味しいキムチだ。

漬物等にりんごを入れているのだろうかとてつもなくうまい。

あぶりユッケ 1,800円

あぶりユッケ

あぶりユッケだ。どこも炙られていないじゃないかと思われるだろうが実は、焼き台の上にアルミホイルを置いてその上でユッケを焼くタイプだ。

レモンをかけて黄身を溶かしてアルミホイルの上で炙り焼く。

食べてみると半生のユッケと黄身の濃厚な味が絶妙なコクを引き出して非常にうまい!

大盛ライス350円

ここまで美味しいとデブの永遠のパートナーご飯のお出ましだ。

ご飯には、かならず玉子スープが付いてくるのだが鶏出しが効いて美味しい!

ちなみにご飯は、お代わりできないようです。

日によって違うらしく普通盛りを頼んだのに大盛りがきたりするのである。ようは日によってライスの需要が違うので減り具合によってサービスしたり制限したりするのである。

タン塩 2,900円 x 2・ミノ塩 1,600円

タン塩・ミノ塩

出た!これがジモン盛りと言われる華やかなタン塩の上にミノ塩が乗った大皿だ。大人のインスタがあるのならインスタ映え間違いない美しさだ。

タンでも中心の一番美味しい部位しか使われていない為か焼いて食べると、ものすごくジューシーで柔らかいタンだ。これだけ脂のサシ入っても嫌な感じが一切しない食べやすいタンでいくらでも食べれてしまう。こんなタンがこの世の中に存在するんだな。

ミノ塩は、コリっとしてサクッとした食感で臭みがないので食べやすい。

テグタンスープ 900円

カルビクッパ

締めはスープ物のカルビクッパです。少し食べてしまったのでスープが減っていますが実際は量がそれなりにあります。

食べてみる?飲んでみる?と塩気と辛さ、そして牛肉の美味しいダシが効いて非常に美味しい。具だくさんなので食べていて面白い。

総評

雰囲気 :★★★
店員の質:★★★
おいしさ:★★★★★
コスパ :★★★
全体  :★★★★☆

雰囲気は、昔から営業しているボロい古い焼肉屋だ。45年も営業されていれば改築したとしてもボロが出るのは仕方ないこと。

店員の対応は、普通でした。あれだけ人気だと対応も雑なのだろうと思っていたのだが意外にもちゃんと女将が対応してました。

料理がずば抜けて美味いです。人によっては、ここ以上に美味しいタン塩を食べたことがないと言う人がいるのでないだろうか。これだけ美味しいとあんなにあったタン塩でも飽きずにパクパク食べれてしまう。まさにデブキラーの一品だ。さらに付け加えるとタンの薄さが絶妙で薄すぎず厚すぎないちょうど良い塩梅にカットされていて食べ終えた時にまた食べたくなる感覚だ。

一見、わがままで可愛くない値段に思えるがこれだけ美味しいと悪くないコスパそこそこの焼肉屋でないでしょうか。日本どこにいってもこれだけ美味しいタン塩が食べれるお店は見つからないであろう。それを考えるとむしろコスパが良いのかもしれない。

全体的には、もし焼肉の天下一武道会が開かれるのであれば間違いなく優勝候補でシード権を獲得した期待のお店になること間違いなしだ。それだけ本当に美味い!人生で一番美味しいタンをたらふく食べれるお店だと自信を持って言える。

ロズ
日本最高、世界最高のタン塩が食べれる最高の老舗焼肉屋

-ディナー